7月22日開始のGoToトラベルキャンペーンに潜む罠とは?注意点を紹介!
スポンサーリンク

【7月16日】GoToトラベルキャンペーン見直し報道

政府は16日、観光支援事業「Go To トラベル」の運用方法を見直す方針を固めた。22日から全国一斉に開始予定だったが、新型コロナウイルス感染への不安が広がっていることを踏まえた。関係者が明らかにした。

まだ詳細未定ですが、見直し報道が先ほど出ました。見直し内容がわかれば、追記していきます。
スポンサーリンク

GoToトラベルキャンペーンは7月22日開始で罠はどこにある?

GoToトラベルキャンペーンが7月22日から開始されると報道されて、旅行に飢えていた人たちの間では祭り状態となっています。

 

私もその祭りに乗っかろうとしている1人ですが、1.7兆円という超巨額なお金が動くということで、必ず罠が存在します。

 

人が浮かれているからこそ、潜んでいる罠に気付きにくいので、現時点で言えることを書いておこうと思います。

 

まず、GoToトラベルキャンペーンが如何に狂気地味ている内容なのかは、下記を参照ください。

 

GoToトラベルキャンペーンに潜む最大の罠は便乗値上げ

GoToトラベルキャンペーンに潜む最大の罠は便乗値上げ

これはあるレンタカー会社のミニバンを、楽天トラベルで二泊三日借りるときの概算です。これからクーポンでお得になってくるのですが、3万以上だと2ー3,000円のクーポンが関の山だと思われます。

 

GoToトラベルキャンペーンに潜む最大の罠は便乗値上げ

次にこちらがそのレンタカー会社で直接見積もった金額です。なぜこんなに差が出るのか、楽天トラベルへの上納金が大きいのかもしれませんが、クーポンを加味してもこちらの方が断然お得になります。

 

 

何より、このレンタカー会社の場合、直取りの場合はNOC補償をつけてこの価格です。楽天トラベルの場合は、NOC補償が必要な場合は別途現地で支払う必要があります。

NOC(ノンオペレーションチャージ)とは?
事故などで車内清掃や整備のためその車両が使えなくなった際の、営業補償と考えてください。NOC補償をつけていれば、このNOCが免除されます。
これはレンタカーの一例ですが、GoToトラベルキャンペーン等は関係なく、日頃から起きている事象です。普段でも直取りの方がお得な場合があるので常に比較するようにしているのですが、スペシャルクーポン!など配布されていると安くなったと勘違いしてしまいます。
GoToトラベルキャンペーンに潜む最大の罠は便乗値上げ
GoToトラベルキャンペーンでは、ツアー代金の半分最大2万円分の補助が出るのですが、7月10日の資料で気なるのは上記スライドの赤枠部分「割引価格での旅行の販売を実施」と言う点です。
7月27日以降に専用プランが出てくると、GoToトラベルキャンペーンの補助分が加味された状態で出てくる事を意味しています。となると、本当に安いのか比較のしようがないので素直に喜ぶことはできません。
もちろん地域利用クーポンは別途もらえるので、見た目上は非常にお得に感じますよね。ただ、これも9月以降の実施なので夏休みの旅行は対象外となる可能性が高く、8月は35%の割引が主になると思われます。
本当にお得なのか?その見極めが非常に重要になります。

ひまじぃ
お得なお祭りだけど、よーく確認しないとね!

GoToトラベルキャンペーンを一番お得に利用するなら専用プランまだない今

GoToトラベルキャンペーンを一番お得に利用するなら専用プランまだない今

割引きが隠れてしまう恐れのある専用プランではく、7月22日以降の旅程で今あるプランで予約することが一番安くなります。

 

 

例えば今大阪で実施されている「大阪の人・関西の人いらっしゃい!キャンペーン」ですが、これは関西在住の方のみになりますが、非常にお得なキャンペーンになっています。

 

  数量 単価 金額
大阪いらしゃいプラン 1 44,400 44,400
USJチケット 大人 2 8,400 16,800
小学生 2 5,700 11,400
ポイント還元 4 2,500 10,000
①-②-③ 6,200

試しに画像のようなUSJの1デイ・スタジオ・パス付宿泊プランを家族4人で計算すると上記のようになり、たった6,200円で利用できることになります。

 

GoToトラベルキャンペーンを適用すると?
・44,400円×35%=15,540円補填
・実質6,200円-15,540円=▲9,340円
何と、9,340円儲かってしまいました。もちろん確証はありませんが、これはホテルのWebサイトにある公式プランなので、恐らく問題なく対象となるはずです。

ひまじぃ
ちょっと意味がわからない状況ですね・・・。
自治体独自キャンペーンならわかりやすい
先ほどクーポンだと実は割高なこともあると書きましたが、クーポンはクーポンでも自治体が独自に出しているものがあります。
こちらは「じゃらん」の特集ですが、全く人の移動がない状況でのクーポンなので、非常にお得な価格設定になっていたりします。これとGoToトラベルキャンペーンは併用可能と言われているので、クーポン+35%オフという状況が出来上がります。

 

GoToトラベルキャンペーンに潜む罠まとめ

GoToトラベルキャンペーンに潜む罠まとめ

ここまで、GoToトラベルキャンペーン狂想曲に潜む罠と、本当にお得な例を2つあげてきました。まだ概要が発表されただけでどのような専用プランがでてくるのか、全くわかりません。

 

 

もしかしたら本当にお得かもしれませんが、私の予想だと「割引された価格」と言う時点で元の内容が見えなくなり消費者側が不利となります。

 

 

もし旅行に行くスケジュールがある程度決まっているのであれば、7月21日までに今あるプランでお得なものを見つけて予約してしまうべきです。

 

 

ひまじぃ
冷静に分析する必要がありますね。
スポンサーリンク
おすすめの記事